ホーム > 現金化 > 効率を上げるために金券の換金率を考える

効率を上げるために金券の換金率を考える

金券を使ったクレジットカードの現金化は、とても一般化した方法です。

クレジットカードで金券を購入し、金券ショップで売るだけですから、誰にでもできる方法でしょう。

換金率も高く、最大で97%にもなることがあります。

こうした方法を使い、利用している人も数多くいるのです。

 

しかし、換金率には差があり、なんでも同じ換金率というわけではありません。

効率良くしていくためには、いったいどんなものが高く売ることができるのかを知ることが必要となっていきます。

 

基本として覚えておくべきこととして、需要があればあるほど、換金率は高くなるということです。

知名度が低いものは、換金率は上昇しません。

知名度があっても、利用しにくい店舗では、やはり使うことができなくなってしまうため、換金率は低い値で推移してしまいます。

こうしたことを考えておけば、かなり高い換金率で利用することができるのです。

 

たとえば、大手百貨店の商品券は、95%以上の換金率になっていることがほとんどです。

どこでも使うことができ、定型店舗での使用も可能ですから、利用しやすいでしょう。

さらに、全国百貨店共通商品券になれば、98%にもなることがあるのです。

 

ところが、あまり店舗数のない買物券などでは、70%にもなってしまうことがあります。

こうした考えた場合に、いかに利用できるのかということが重要になってくることがわかるでしょう。

金券にも需要と供給のバランスが存在するのです。


タグ :